お問い合わせ
0479-48-4111

〒314-0343 茨城県神栖市土合本町1丁目9108番地2

文字サイズ
  • 標準
  • 最大

漢方コーナー漢方研修者の感想

医師の感想

内科医師(1日)

昨日は、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。おかげさまで得るものが大きかったと思っております。

病院で漢方と鍼灸治療を立ち上げていくことは簡単なことでなかったことは容易に想像できますが、そういった状況で現在の御施設にまでされた先生の御尽力に感心し、また、私にとっても励みにもなりました。

また機会がございましたら見学をさせていただけましたら嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

内科医師(2週間)

もともと、漢方には興味を持っており、本やビデオ教材などで独学していたのですが、実際の診察の方法や、投与に関する実践方法がわからず、専門分野である内科や緩和ケアの患者さまに時々使用してはいても、あまり自信を持てずにいました。

そんな折り、貴院の見学研修をホームページで知り、早速応募させていただきました。

休暇を利用しての2週間の研修でしたが、腹診のやり方や腹力・脈の強さの程度など、実際に専門医の先生と一緒に見て触れてみないとわからないことばかりでとてもためになりました。

そしてまた、実際に処方を受け、症状が改善していく患者さまを多く見ることができ、漢方の面白さをより感じることもできました。

鍼を打つ体験や、経絡の考え方の勉強、丸薬の作成や生薬の調合についての体験など、貴重な経験を多数させていただき、本当に感謝しております。

自院に戻ってからは、これまで以上に多くの患者さまに漢方を試していますが、中々よい手応えを感じています(狙った症状が常に取れているわけではないですが…)。

今後も、メーリングリストの症例などで勉強させていただきますので、何卒宜しくお願いいたします。

内科医師(2週間)

お忙しい日常業務の中、研修させていただき大変感謝いたします。

I先生からは,漢方はもちろんの事、医療や医学に対する姿勢も学ぶところが多くありました。

今後は、漢方を使いこなせていけるように、日々一生、研鑽していく所存です

今後もご教示をお願い申し上げます。

研修中は、外来スタッフの皆様、和漢診療センターのスタッフ、C先生、鍼灸のS先生をはじめ,内科スタッフの先生方を含め、多くの方々に大変お世話になりました。ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

精神科医師(1日)

今日(3月)の夕方は、季節外れに雪がちらついたりして、こちらでは、とても寒い一日でした。

先日、水曜日は1日外来につかさせていただきましてありがとうございました。 脈診、舌診、腹診も詳しく教えてくださいまして、ありがとうございます。

沈で押さえれば押さえるほど触れる脈が沈実の脈ということも、わかりました。今日外来に、体格がよいですが、仕事のストレスで、うつ、不眠となった45歳の男性が受診されました。脈は沈実で、厚めの白苔があり、腹候:心下急、胸脇苦満強い(とにかく上腹部がはっている感じ)で、さっそく大柴胡湯を処方してみました。今後とも、漢方の道に精進していきたいと思います。

同医師(6ヶ月後)

大変ご無沙汰をして失礼いたしております。

3月、4月と外来見学をさせていただきまして、大変勉強になりました。感謝いたしております。

あれから、大柴胡湯を数人の患者さまに処方し、良い結果を得ております。先日お話いたしました45歳の患者も睡眠薬も併用しておりますが、著効しております。

来年3月の研究会で発表する予定です。

心療内科、精神科でも、本当のうつ病ではない「うつ」の患者さまが多く、 抗うつ薬や抗不安薬を処方するより、柴胡剤(大柴胡湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、四逆散、柴胡桂枝乾姜湯)や半夏厚朴湯、補中益気湯、加味帰脾湯、加味逍遙散、抑肝散などの漢方薬を証に応じて投与した方が適切な場合が多いと思います。

最近では、処方の半分位は、漢方薬となっています。

医学生の感想

医学部5年生(2週間)

漢方には以前から興味を持っていましたが、自分ではどう勉強して良いか分からず、講演などを聞いても難しくて分からない事が多くありました。

今回和漢診療センターで実習させていただいて、実際の漢方診療を見ることができて良かったです。漢方についての知識もつき、2週間で学べたことはわずかでも、これから勉強する上での手掛かりが得られたと思います。先生方にも優しくしていただき、充実した期間を過すことができました。本当にありがとうございます。

医学部5年生(1週間)

先日は見学実習を受け入れて下さり本当にありがとうございました。

今までは自分で本で読んだりするぐらいしかできなかった漢方医学の勉強が実習をすることで具体的に漢方の診療のイメージができるようになってきました。実習もさることながら、毎日のように飲み会に先生方がつれていってくださった日々はとても楽しかったです。今は臨床実習もあり、漢方医学を勉強する時間を多くはとれませんが、I先生にご指導いただいたことを基礎にしてさらに勉強を深めていきたいと思います(大塚敬節先生の傷寒論の本も購入しました!)。ポリクリが始まってまだ日も浅く自分が何科の医師になるかも決めていませんが、漢方をきちんと使える医師になりたいと思います。そしていつか鹿島労災病院で仕事ができる日が来た時に病院スタッフの皆さんや地域住民の方たちのお役に立てるような医師になれていればと思います。

最後になりましたが、I先生、飲み会に誘ってくださったO先生、F先生、S先生、鍼灸師のS先生、勉強会や空いた時間でいろいろお話くださったC先生、S先生、薬剤部の先生方、内科の先生方には本当にお世話になりました。改めて御礼申し上げます。

医学部4年生(1日)

この度はお忙しい中、私どもの実習を快く受け入れていただき、本当にありがとうございました。

漢方外来を見学させていただくのは初めてでしたので、講義などでご教示いただいた情報が実際どのように使われ、診断・治療に結びついているのかについて、窺い知ることができました。

また実際の患者さまに接することで、どのような患者さまが漢方外来を受診されるのか、そしてその所見はどういったものなのかについて活きた経験をさせていただくことができ、大変感謝致しております。

実際の鍼治療の現場についても、初めて触れさせていただくことができました。

医師と鍼灸師との連携について意識する機会は今までございませんでしたので、とても貴重な経験となりました。

今回は時間も限られておりましたので、また別の機会に、今度はより時間をかけて、診察法や所見の取り方、漢方の選び方などについて、勉強させていただければ幸甚です。

それでは、今後ともよろしくお願い申し上げます。

先生方の益々のご健勝を、心よりお祈り致しております。

ページの先頭へ